StarTech.com

USB 3.0接続HDMIビデオキャプチャーユニット(1080p/ 60fps対応) TV/テレビ 動画レコーダーデバイス アルミ筐体

HDMIビデオ&オーディオを1080p 60fpsの解像度でコンピュータに保存(3.5mmミニジャックからの外部オーディオ入力に対応)

製品ID: USB32HDCAPRO

  • USB 3.0のスピードを利用して、1080p、60FPSで優れた画質をキャプチャ
  • 汎用性の高い動画エンコードに対応し、様々なデバイスで動画再生が可能
  • RAWロスレス動画をキャプチャし、WindowsデバイスでのDirectShow™互換性を確保
もっと見る
  • 音声コメントやオーディオトラックを追加できる別個の3.5mmオーディオ入力ジャック
  • 録画中の動画を表示できるHDMIパススルーポート
¥47,070 JPY 税抜
¥50,835 JPY 税込
サポート

概要

ハイデフHDMI動画をコンピュータに保存するHDMI-USBビデオキャプチャデバイス。アルミ製のケースは、固定使用と携帯の両方に適した耐久性を備えています。動画音声またはボイスオーバー用に別途3.5mmオーディオ入力ジャックとHDMIパススルーポートを備えており、モニタを接続してキャプチャ中の動画を表示することができます。

1080p 60fpsのHD動画キャプチャ

動画の共有、保存、編集に便利なこのキャプチャデバイスは、1080pのHDビデオを60フレーム/秒(FPS)で録画します。ミーティング、プレゼンテーション、電話会議の記録に適し、また、キュリティカメラからの映像を直接コンピュータに保存することができます。

Windows/Macで手軽に録画

製品には、録画が簡単にできるソフトウエアが含まれています。StreamCatcher™は、幅広く採用されているコーデックを使用しており、保存した動画の変換や編集をせずに多くのビデオプレーヤーで再生可能です。

Windowsでのライブストリーム

Windowsで使用する場合は、製品に含まれるソフトウエアとTwitch™その他のサードパーティ動画ストリーミングプラットフォームを使用し、インターネットでライブ配信が可能です。

WindowsでのDirectShow互換性

このキャプチャデバイスでは、付属のソフトウエアだけに制限されません。Open Broadcaster Software(OBS)など、DirectShow™互換のサードパーティ製ソフトウエアを使用し、RAW/ロスレス動画をキャプチャすることができます。

StarTech.comでは、本製品に2年間保証と無期限無料技術サポートを提供しています。

用途

HDMI出力デバイスから動画を録画しトレーニングやチュートリアルに使用

カメラをキャプチャデバイスに直接接続する動画制作に最適

PC、サーバー、POS端末からの出力キャプチャに最適

独自の音声ソースやボイスオーバーコメントを追加

技術仕様

保証に関する情報
保証期間 2 Years
ハードウェア
AV入力 HDMI
AV出力 USB
オーディオ あり
チップセットID Mstar - MST3363CNK-170
業界標準 MPEG4 (H.264)
性能
MTBF 3,104,896時間
オーディオ仕様 2チャネルステレオオーディオ
ワイド画面サポート あり
対応解像度 1920 x 1080, 1280 x 720, 1024 x 768, 800 x 600
最大デジタル解像度 1920 x 1080 60 FPS
コネクタ
コネクタA 1 - HDMI(19ピン) メス Input
1 - 3.5mm ミニジャック(3ポジション) メス Input
コネクタB 1 - USB Type-B (9ピン) USB 3.0 メス
ソフトウェア
OS互換性 Windows® 7, 8, 8.1, 10
MacOS® 10.11 to 10.13
特記 / 必要条件
注意 このビデオキャプチャデバイスでは、USB 3.0以上のポートが必要です。USB 2.0以下のポートとは互換性がありません。
電源
電源 USB電源
環境条件
保存温度 -5°C to 40°C (23°F to 105°F)
動作温度 0°C to 40°C (32°F to 104°F)
湿度 20% - 80%(結露なし)
物理的特徴
製品幅 2.3 in [58 mm]
製品重量 3.1 oz [88 g]
製品長さ 3.6 in [92 mm]
製品高さ 1.1 in [28 mm]
パッケージ情報
工場出荷時(パッケージ)重量 0.7 lb [0.3 kg]
箱に含まれているもの
パッケージ内容 1 - HDMIビデオ用USB 3.0キャプチャデバイス
1 - 1m USB 3.0ケーブル
1 - 1m HDMIケーブル
1 - クイックスタートガイド

互換性

OSとのフル互換性を表示する
Windows® 7, 8, 8.1, 10
MacOS® 10.11 to 10.13

認証

関連製品

PCレス録画対応ビデオキャプチャー USB 2.0接続対応 HDMI & コンポーネント入力対応 ストリーミング対応 1080p
USB2HDCAPS
PCレス録画対応ビデオキャプチャー USB 2.0接続対応 HDMI & コンポーネント入力対応 ストリーミング対応 1080p

HD動画をPCにキャプチャ、またはPCを使用せずSDカードに録画。インターネットを介したリアルタイム動画配信にも対応

¥26,289 税抜
¥28,392 税込
USB2.0接続HDMIビデオキャプチャーユニット 外付けコンパクト・キャプチャーデバイス 1080p
USB2HDCAPM
USB2.0接続HDMIビデオキャプチャーユニット 外付けコンパクト・キャプチャーデバイス 1080p

コンパクトな外付けキャプチャデバイスを使用してHDMIビデオソースをPCにキャプチャ

¥20,903 税抜
¥22,575 税込
フルHD対応PCIeキャプチャーボード HDMI/ VGA/ DVI/ コンポーネント対応 ハイビジョン対応 1080p
PEXHDCAP2
フルHD対応PCIeキャプチャーボード HDMI/ VGA/ DVI/ コンポーネント対応 ハイビジョン対応 1080p

HD画質のビデオソースとオーディオを取り込むビデオキャプチャカード。PCI Expressスロット(ロープロファイルおよびフルプロファイル)対応

¥23,707 税抜
¥25,603 税込
USB接続ビデオキャプチャーケーブル(S端子/コンポジット端子対応) TWAIN対応 Mac対応
SVID2USB23
USB接続ビデオキャプチャーケーブル(S端子/コンポジット端子対応) TWAIN対応 Mac対応

Sビデオやコンポジットビデオをキャプチャしデジタルメディアに変換。PC/Mac®対応

¥6,111 税抜
¥6,599 税込

別売アクセサリー

製品サポート

よくあるご質問(FAQ)

ご購入前に:

ビデオキャプチャカード/ケーブルで使用されるビデオ規格のコネクタすべてを接続できても、ビデオの適切なキャプチャができない場合があります。

著作権保護について

一部のビデオソースでは、非ディスプレイ機器に接続された場合、著作権保護が作動します。著作権保護コンテンツには、以下のようなものがあります。

  • HDコンテンツ保護(HDCP)。このタイプの著作権保護は、DVIおよびHDMI® に含まれており、ビデオエラーまたは空白画面として現れます。画面にHDCPと表示される場合もあります。

  • アナログコンテンツ保護(ACP)。このタイプの著作権保護は、アナログビデオ(例:コンポジット、Sビデオ、コンポーネント)に含まれています。ACPは輝度が不安定な画面として現れることがあります。

著作権保護は、法律上回避することはできません。StarTech.comでは、著作権保護を回避する製品は提供していません。

ビデオアダプタの使用

ビデオ信号を別のコネクタタイプにパッシブ変換することは可能ですが、ビデオソースとビデオ出力の規格が常に一致するとは限りません。ビデオのタイプを正しく変換するには、アクティブ変換が必要になることがあります。パッシブ変換が利用できない場合、大部分のビデオ規格はアクティブコンバータで変換することができます。

互換性のないパッシブ変換として、以下のものが挙げられます。

  • VGAソースからコンポジットまたはコンポーネント(RCA)ビデオ。または、コンポジットまたはコンポーネント(RCA)からVGA。
  • コンポジット(RCA)ソースからSビデオ。
  • VGAからDVI-D および DVI-DからVGA。

注意:Sビデオからコンポジットは、パッシブ変換が可能です。 DVI-I/DVI-AおよびVGAは、双方向で使用可能です。

出力解像度について

ビデオソースで解像度を変換できる場合(例:コンピュータ)、互換性のない解像度を伝送している可能性があります。正しい解像度が使用されているか調べるには、www.StarTech.comで製品の技術仕様タブで業界規格および最大解像度の仕様を確認してください。

オペレーティングシステムのディスプレイ管理で、キャプチャカードの最大解像度とビデオソースが一致(または下回る)するように調整することができます。リフレッシュレートについても同様の操作が可能な場合があります。

高帯域幅デジタルコンテンツ保護(HDCP)により、一部ゲームコンソールからの録画には対応していません。HDCPコンテンツ(例:映画)は保護されていますが、コンソールそのものは、HDMI出力での永久的なHDCP保護に対応している場合としていない場合があります。

各コンソールのHDCP強制の詳細については、以下の表を参照してください。

コンソール 永久HDCP

PlayStation 3

あり
PlayStation 4

オプション。メニューで設定を変更できます。

Wii U

なし

XBox 360

なし
XBox One なし

永久HDCPが無効のコンソールではビデオキャプチャカードを使用することができます。

一部のStarTech.com製ビデオキャプチャカードは、DirectShow互換となっており、多くのDirectShow互換サードパーティ製ビデオキャプチャアプリケーションを使用することができます。DirectShow互換ビデオキャプチャカードの詳細は、以下のFAQを参照してください:https://www.startech.com/faq/video-capture-cards-directshow

このキャプチャカードでサードパーティ製ソフトウエアが使える場合でも、StarTech.comでは、サードパーティアプリケーションの正式なサポートと推奨は行っていません。

このビデオキャプチャカードは、DirectShow互換のドライバを使用しており、多くのサードパーティ製ビデオキャプチャアプリケーションと互換性があります。http://www.startech.com/Supportで製品IDを入力し、ドライバを確認してください。

StarTech.comでは、サードパーティアプリケーションの正式なサポートと推奨は行っていません。StarTech.com製ハードウェアといっしょに他社のアプリケーションを使用する場合、ユーザーが独自にアプリケーションのサポートを確保して下さい。

このビデオキャプチャカードは、一度に複数の入力の録画には対応していません。

注意:USB2HDCAPSはネットワーク上の複数のコンピュータに接続できますが、ビデオキャプチャができるのは1度に1台のデバイスのみとなっています。

 

方法

  1. ウェブブラウザで https://www.youtube.com/live_dashboardをオープンします。
  2. エンコーダ設定」で、ページ下部の「サーバーURL」をコピーします。
  3. URLの末尾に、スラッシュ記号とストリーム名、またはキーを追加します。(例:rtmp://a.rtmp.youtube.com/live2/USERACCOUNT-8033.d1fj-m8d7-ds8y-41qj)
  4. RTMPリンクをコピーします(以下のステップ8で必要になります)。
  5. Stream Catcher」を開きます。
  6. Settings Streaming Settings」をクリックします。
  7. Streaming Protocol Type」ドロップダウンメニューからRTMPをクリックします。
  8. Streaming Public URL 」フィールドに、上記ステップ4でコピーしたリンクをペーストします。
  9. Stream Catcher」ホームページで、ブルーの「record」アイコンをクリックします。

トラブルシューティング

ビデオキャプチャデバイスのトラブルシューティングを行う際には、簡単なテストで可能性のある問題を消去法で排除することができます。テストの結果、以下のコンポーネントが正しく作動している場合、問題の原因ではないとわかります。

  • ビデオケーブル

  • ビデオソース

  • ビデオキャプチャデバイス

セットアップのコンポーネントをテストするには、以下を試します。

  • ビデオケーブル、ソース、キャプチャデバイスを別のセットアップで使用し、コンポーネントの問題なのか、セットアップの問題なのかを見極めます。

  • 別のビデオケーブル、ソース、キャプチャデバイスを同じセットアップで使用し、問題が解決するか確認します。問題なく作動するとわかっているコンポーネントを別のセットアップでテストするのが理想です。

ケーブルをテストする場合は、以下の方法が推奨されます。

  • 個々のケーブルを別々にテストします。

  • 短いケーブルを使用してテストを行います。

ビデオキャプチャデバイスでビデオケーブルとソースをテストする場合、以下の点を確認してください。

  • 同じビデオソースがほかのビデオ出力先で動作するか確認します。詳細については、http://www.startech.com/faq/video_capture_cards_source_compatibilityを参照してください。

  • アダプタやエクステンダの使用は最小限にとどめます。

  • ビデオソースの著作権が保護されていないか確認します(例:HDCP)。

  • ビデオ規格(例:NTSC、PAL、HDMIなど)がビデオキャプチャデバイスの技術仕様に一致しているか確認します。

以下の手順に従い、Windows®でビデオキャプチャデバイスが認識されているか確認します。

  1. Windows キー + R」を押して、devmgmt.mscと入力します。「Enter 」を押してデバイス マネージャーを開きます。デバイスが「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」にリストされているか確認します。

  2. 以下のいずれかを実行します。

コンピュータでビデオキャプチャデバイスをテストする場合、アダプタに対応するドライバとキャプチャソフトウエアがシステムにインストールされているか確認してください。一部のカードではサードパーティソフトウエアに対応していますが、サポートは限られています。詳細については、http://www.startech.com/faq/video_capture_cards_source_compatibilityを参照してください。

注意: The USB3HDCAPを使用するには、互換性のあるUSB 3.0カードが必要です。

StreamCatcherのトラブルシューティングを行う前に、以下のFAQを参照してビデオキャプチャデバイスのトラブルシューティングを行ってください: www.startech.com/faq/video_capture_cards_general_troubleshooting

ビデオのディスプレイまたは録画ができない場合は、「Device Settings」で以下の手順に従ってください。

  • 録画または表示したい入力が「Video Source」で選択されているか確認します。

  • お住まいの地域で採用されているビデオ規格であるか確認します(例:北米の場合、NTSC、欧州の場合、PALなど)

  • 音声が動作しない場合は、「Audio Source」で正しい音声ソースが選択されているか確認します。

録画された動画の画質が悪い場合、Record Settingsで以下の設定をご使用のセットアップに合わせて変更してください。

  • Record Resolution(録画解像度)

    • High(高)
    • Low(低)
  • Record Mode(録画モード)

    • VBR (Variable Bit Rate) は、ビデオの複雑度に基づきビットレートを調整し、容量を取らないようにします。
    • CBR (Constant Bit Rate)は、ビデオの複雑度に関わらず同じビットレートを保持し、最善の質で録画します。
  • Record Quality(録画品質)

    • VBR品質レベルは、1から10の範囲で増大します(10が最高レベルの品質)。
    • CBR品質レベルは、2 Mbpsから16 Mbpsの範囲となり、16 Mbpsが最高レベルの品質です。

ストリーミングで問題がある場合は、以下を試してください。

  • ターゲットIPが正しいか確認します。

  • 正しいプロトコルが選択されているか確認します。

  • より低い解像度、低いビットレートをテストし、最善の性能が得られるか確認します。