StarTech.com

ノートパソコン用ドッキングステーション ワイヤレス無線(WiGig)/USB Type-C接続対応ドック デュアルモニター USB Power Delivery

デュアルモニタまたは4Kモニタ1台、USBポート4口、ギガビットイーサネット装備のワークステーションを構成。作業中のノートパソコン給電・充電にも対応

製品ID: DKWG30DPHPD

  • USB-C接続の場合、最大60ワットのUSBパワーに対応し、ノートパソコンへの給電・充電が可能
  • 各ディスプレイ(DisplayPortまたはHDMI)で 1920 x 1200p(60Hz)解像度に対応。または、4Kモニタ1台(3840 x 2160p 30Hz)対応
  • 2x USB 3.0、2x USB 2.0の合計4口のUSB-Aポート(USB充電仕様1.2対応フロントパネル高速充電&同期ポートを含む)に周辺機器を接続
もっと見る
  • USB-C対応のWindows 10ノートパソコンをフルサイズのワークステーションとして使用
  • 縦横どちらの方向にでも置けるコンパクトなデザイン(203mm x 121mm)。縦置きの場合は付属スタンドを使用
  • ギガビットイーサネットRJ45ポート(Wake-on-LAN対応)、3.5mmヘッドセットポート
  • Thunderbolt™ 3ポート互換(5GbpsでThunderbolt 3ポートに接続し、USB給電に対応)
  • WiGig ワイヤレスドッキングに対応
¥41,859 JPY 税抜
¥45,207 JPY 税込
在庫無し
在庫につきましては各販売店にお問い合わせください
取扱代理店
パートナーから購入

もっと多くの類似製品をお探しの方は弊社のインターナショナルオンラインストアに今すぐアクセスして下さい!

サポート

概要

USB-C対応ドッキングステーション。外付けモニタ2台(DisplayPort および HDMI®)または4Kモニタ1台の接続に対応し、Windows 10ノートパソコンをフルサイズのワークステーションとして使用することができます。

ドックとノートパソコンの給電に電源アダプタ1つで対応

本製品は、60ワットの給電に対応しており、接続するすべての器機に給電しながら、同時にノートパソコンへの給電も行います。つまり、ドッキンスグテーションの電源アダプタひとつで、ドックとノートパソコン両方の給電に対応するようになっています。

デュアルモニタビデオ出力

以下の接続構成で、デュアルモニタ設定が可能です。

  • HDMIディスプレイ1台 + DisplayPortディスプレイ1台(1920 x 1200p 60Hz)

また、以下の構成で4Kモニタ1台の接続も可能です。

  • HDMIディスプレイ1台またはDisplayPortディスプレイ1台(3840 x 2160p 30Hz)

多数の接続ポート

このUSB-Cドックには、4口のUSB 3.0ポート(2x USB 3.0、2x USB 2.0。フロントパネルに高速充電・同期ポートあり)、ギガビットイーサネットポート、ヘッドセット接続ポートがついています。

柔軟なセットアップ

小型のドックはどんなワークスペースにも収まります。付属のスタンドを使用して縦置きに、または普通に横向きに置いて使用することができます。

ワイヤレスドッキング(WiGig®対応ノートパソコンの場合)

このドックは、ノートパソコンでWiGigに対応している場合、ワイヤレス接続が可能です。ワイヤレス接続の場合、ケーブルを使用せずにノートパソコンのドッキングと解除ができるため、手間がかかりません。注意:USB給電は、USB-Cで接続する場合のみサポートされており、WiGig使用の場合はサポートされません。WiGigを使用する場合は、ドックは縦置きで使用します。

StarTech.comでは、本製品に3年間保証と無期限無料技術サポートを提供しています。

用途

ドックの電源アダプタひとつでUSB-C対応ノートパソコンにも給電(USB-C接続の場合のみ)

オフィスやビジネス環境、またはホットデスク用ワークステーションで使用

最新のUSB-C対応ノートパソコンに最適なアクセサリ(HP® Spectre x360、Dell XPS™ 12/13/15、Dell Latitude™ノートパソコン、2-in-1シリーズなど)

WiGigワイヤレスドッキング対応のノートパソコンもサポート。オフィスからの外出が多いユーザーに最適

技術仕様

保証に関する情報
保証期間 3 Years
ハードウェア
4Kサポート あり
Displays Supported 2
チップセットID Intel - W13100
Synaptics - VMM3330
VIA/VLI - VL812
C-Media - CM6533
Realtek - RTL8153
バス型 USB-C
WiGig
業界標準 USB バッテリ充電仕様 バージョン 1.2
IEEE 802.3, IEEE 802.3u, IEEE 802.3ab, IEEE 802.11ad
USB 3.0 - USB 1.1/2.0の下位互換性あり
高速充電ポート あり
性能
UASPサポート あり
オートMDIX あり
タイプおよび定格 USB 3.0 - 5 Gbit/s
USB 2.0 - 480 Mbit/s
フルデュプレックスサポート あり
互換性のあるネットワーク 10/100/1000 Mbps
最大データ転送速度 5 Gbps (USB 3.0)
2 Gbps (Ethernet; Full-Duplex)
最大デジタル解像度 WiGigで接続した場合:
1920 x 1200p / 60Hz (DisplayPort と HDMIのデュアルモニタ構成の場合)
2560 x 1600p / 60Hz (DisplayPortのシングルモニタ構成の場合)
2560 x 1440p / 60Hz (HDMIのシングルモニタ構成の場合)
USB-Cで接続した場合:
1920 x 1200p / 60Hz (DisplayPort と HDMIのデュアルモニタ構成の場合)
3840 x 2160p / 30Hz (DisplayPortのシングルモニタ構成の場合)
3840 x 2160p / 30Hz (HDMIのシングルモニタ構成の場合)
コネクタ
コネクタタイプ 1 - USB Type-C(24ピン)USB 3.0 メス
1 - DisplayPort(20ピン) メス
1 - HDMI(19ピン) メス
1 - USB 3.0 A(Fast-Charge, 9ピン,SuperSpeed) メス
1 - USB Type-A (9ピン)USB 3.0 メス
2 - USB Type-A(4ピン)USB 2.0 メス
1 - 3.5mm ミニジャック(4ポジション) メス
1 - RJ-45 メス
ソフトウェア
OS互換性 Windows® 10
特記 / 必要条件
注意 ホストノートパソコンのUSB-CポートがUSB給電2.0とDP altモードに対応していない場合でも、ドックの接続自体は可能です。ただし、上記2つのプロトコルのサポートがない場合は、ノートパソコンへの給電とビデオ出力がサポートされません。
DisplayPortポートでは、アクティブDisplayPortビデオアダプタのみサポートしています。
USB 3.0は別名USB 3.1 Gen 1(第一世代)と呼ばれ、最大5Gbpsの速度に対応します。USB 3.1 Gen 2では、10Gbpsのスピードに対応しています。
4K x 2Kの解像度を実現するには、4K対応のディスプレイが必要です(4Kは、4K x 2Kと表記されることもあります。)
ビデオ出力機能は、接続するホストノートパソコンのビデオカードとハードウエアに依存します。一部ビデオカードではビデオサポートが限られており、また、一部モニタでは利用できる解像度が限られています。
WiGigでドックをホストノートパソコンに接続する場合、 2チャネルオーディオのみサポートされます(5および7チャネルオーディオはサポートされません)。
WiGigモードで接続する場合、HDCPコンテンツはサポートされません。
USB給電は、USB-Cで接続する場合のみサポートされます。WiGigで接続する場合はサポートされません。
WiGigモードでは、ドックを縦置きで使用します。
システムおよびケーブル要件 USB-C対応、またはWiGig(IEEE 802.11ad)対応のホストノートパソコンが必要です。USB-C対応ノートパソコンの充電・給電を行うには、ホストのUSB-CポートでUSB給電(PD)2.0に対応している必要があります。また、ビデオ出力を行うには、DP altモードに対応している必要があります。
インジケータ
LEDインジケータ 1 - 電源
1 - ステータス
電源
センターチップのポラリティ ポジティブ
プラグタイプ N
入力電圧 100 ~ 240 AC
入力電流 2 A
出力電圧 20V DC
出力電流 5 A
消費電力(W) 100
電源 ACアダプタ同梱
環境条件
保存温度 -20°C to 70°C (-4°F to 158°F)
動作温度 0°C to 40°C (32°F to 104°F)
湿度 0~95% RH (結露なし)
物理的特徴
エンクロージャタイプ プラスチック
ブラック&シルバー
製品幅 2 in [52 mm]
製品重量 23.3 oz [660 g]
製品長さ 4.8 in [121 mm]
製品高さ 8 in [203 mm]
パッケージ情報
工場出荷時(パッケージ)重量 4.3 lb [2 kg]
箱に含まれているもの
パッケージ内容 1 - ノートパソコン用ドック
1 - スタンド
1 - 1016mm USB-Cケーブル
1 - ユニバーサルACアダプタ
2 - 電源コード(北米/日本、オーストラリア・ニュージーランド)
1 - 取扱説明書

認証

関連製品

USB Type-C専用ノートパソコン用ドック HDMI/DP対応 Windowsのみに対応 4K USB給電(USB PD)対応 USB-C x1
MST30C2DPPD
USB Type-C専用ノートパソコン用ドック HDMI/DP対応 Windowsのみに対応 4K USB給電(USB PD)対応 USB-C x1

USB Type-C™(5Gbps)でノートパソコンに給電/充電、MSTベースのデュアルビデオワークステーションを構成

¥30,494 税抜
¥32,933 税込
USB Type-C接続ノートパソコン用マルチポートアダプタ 4K HDMI対応 USB Power Delivery対応 ギガビットイーサネット USB 3.0
DKT30CHPD
USB Type-C接続ノートパソコン用マルチポートアダプタ 4K HDMI対応 USB Power Delivery対応 ギガビットイーサネット USB 3.0

USB Type-C™(5Gbps対応)でノートパソコンを充電/給電。4Kビデオ、ギガビット イーサネット、USB 3.0ポート2口を追加し、外出時でもワークステーションとして使用

¥13,752 税抜
¥14,852 税込
USB-C接続ノートパソコン用マルチポートアダプタ USB Type-C対応ドッキングステーション 4K HDMI または VGA USB 3.0ハブ ギガビットイーサネット
DKT30CHV
USB-C接続ノートパソコン用マルチポートアダプタ USB Type-C対応ドッキングステーション 4K HDMI または VGA USB 3.0ハブ ギガビットイーサネット

USB Type-C(5Gbps)を介してビデオ、ギガビットイーサネット、USB 3.0の各ポートを増設し、いつでもどこでもノートパソコンをワークステーションとして活用

¥11,930 税抜
¥12,884 税込
USB Type-C - 4K HDMI変換アダプタ USB電源供給(Power Delivery)対応 USB-Aポート x1 ホワイト
CDP2HDUACPW
USB Type-C - 4K HDMI変換アダプタ USB電源供給(Power Delivery)対応 USB-Aポート x1 ホワイト

USB Type-C対応ノートパソコンをHDMIディスプレイとUSB Type-A周辺機器に接続。ノートパソコンの給電・充電にも対応

¥11,230 税抜
¥12,128 税込
USB Type-C - 4K HDMI変換アダプタ USB電源供給(Power Delivery)対応 USB-Aポート x1
CDP2HDUACP
USB Type-C - 4K HDMI変換アダプタ USB電源供給(Power Delivery)対応 USB-Aポート x1

USB Type-C対応ノートパソコンをHDMIディスプレイとUSB Type-A周辺機器に接続。ノートパソコンの給電と充電にも対応

¥11,230 税抜
¥12,128 税込
USB type-C接続VGA変換アダプタ USB給電対応 1x USB-Aポート
CDP2VGAUACP
USB type-C接続VGA変換アダプタ USB給電対応 1x USB-Aポート

USB-C対応ノートパソコンをVGAディスプレイとUSB Type-A周辺機器に接続。ノートパソコンの給電と充電にも対応

¥8,867 税抜
¥9,576 税込
モニター3台接続対応ノートパソコンドッキングステーション USB 3.0接続
USB3DOCKH2DP
モニター3台接続対応ノートパソコンドッキングステーション USB 3.0接続

ノートパソコンに3台の外付けモニタを追加し、4面対応のUltra HDワークステーションを構成

¥28,366 税抜
¥30,635 税込

別売アクセサリー

製品サポート

ドライバ&ダウンロード

ドライバ
データシート

よくあるご質問(FAQ)

トラブルシューティング

USBディスプレイアダプタを介して接続したアダプタが長時間に渡るスリープの後復帰しない場合、省電力目的でWindowsがUSBルートハブを自動的にオフにしている可能性があります。

この問題が発生しないようにするには、以下の手順に従い、USBルートハブがスリープモード中でもオフにならないように設定します。

Windows 8 / 10

  1. キーボードで「Windowsキー + X」を押し、「コントロール パネル」を選択します。
  2. ハードウェアとサウンド」をクリックし、「電源オプション」をクリックします。
  3. 変更したいプランで「プラン設定の変更」をクリックします。
  4. 詳細な電源設定の変更」をクリックします。
  5. 「USB設定」と「USBのセレクティブサスペンドの設定」の横にある「+記号」をクリックしてオプションを表示し、「無効」に設定します。
  6. OK」をクリックして設定を適用します。

注意:設定を適用した後、再接続が必要となることがあります。USBディスプレイアダプタを一旦外し、接続しなおしてください。

Windows 7 / Vista

  1. スタート」ボタンをクリックし、「コントロール パネル」を選択します。
  2. ハードウェアとサウンド」をクリックし、「電源オプション」をクリックします。
  3. 変更したいプランで「プラン設定の変更」をクリックします。
  4. 詳細な電源設定の変更」をクリックします。
  5. 「USB設定」と「USBのセレクティブサスペンドの設定」の横にある「+記号」をクリックしてオプションを表示し、「無効」に設定します。
  6. OK」をクリックして設定を適用します。

注意:設定を適用した後、再接続が必要となることがあります。USBディスプレイアダプタを一旦外し、接続しなおしてください。

Windows XP

  1. デスクトップで「マイ コンピュータ」アイコンを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  2. デバイス マネージャ」タブをクリックします。
  3. ユニバーサル シリアル バス(USB)コントローラ」の左にある矢印をクリックして展開します。
  4. 最初の「USB ルート ハブ」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  5. 電源の管理」タブをクリックします。
  6. 電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外します。
  7. OK」をクリックして設定を適用します。
  8. 「ユニバーサル シリアル バス コントローラ」セクションで、名前に「ルートハブ」がある他のデバイスでもステップ4から7までを繰り返します。

注意:設定を適用した後、再接続が必要となることがあります。USBディスプレイアダプタを一旦外し、接続しなおしてください。

オンボードのネットワークインターフェイスカード(NIC)と新しいNICで競合が発生することがあります。この場合、オンボードNICの無効化が推奨されます。

オンボードNICを無効にするには、可能であればBIOSで無効にする方法がベストです。この操作を行うには、マザーボードのマニュアルを参照してください。

WindowsからNICを無効にすることも可能です。以下の手順に従ってください。

まず、「スタート」をクリックします。Windows 8では、「Windowsキー」を押しながら「X」を押します。その後、「コントロール パネル」をクリックします。

Windows XP

  1. ネットワーク接続」をクリックします。
  2. 無効にしたいNICを右クリックし、「無効」を選択します。

Windows Vista

  1. ネットワークと共有センター」をクリックします。
  2. 左側の「ネットワーク接続の管理」をクリックします。
  3. 無効にしたいNICを右クリックし、「無効」を選択します。

Windows 7

  1. ネットワークとインターネット」をクリックします。
  2. ネットワークと共有センター」をクリックします。
  3. 左側の「アダプターの設定の変更」をクリックします。
  4. 無効にしたいNICを右クリックし、「無効」を選択します。

Windows 8

  1. ネットワークと共有センター」をクリックします。
  2. 左側の「アダプターの設定の変更」をクリックします。
  3. 無効にしたいNICを右クリックし、「無効」を選択します。

ノートパソコン用ドッキングステーションのトラブルシューティングを行う際には、簡単なテストで可能性のある問題を消去法で排除することができます。テストの結果、以下のコンポーネントが正しく作動している場合、問題の原因ではないとわかります。

  • ビデオケーブル

  • ビデオソース

  • ビデオ出力機器

  • ノートパソコン用ドッキングステーション

  • USB周辺機器

  • イーサネット接続

セットアップのコンポーネントをテストするには、以下を試します。

  • ビデオケーブル、ビデオソース、ビデオ出力機器、ノートパソコン用ドッキングステーション、USB周辺機器、イーサネット接続を別のセットアップで使用し、コンポーネントの問題なのか、セットアップの問題なのかを見極めます。

  • 別のビデオケーブル、ビデオソース、ビデオ出力機器、ノートパソコン用ドッキングステーション、USB周辺機器、イーサネット接続を同じセットアップで使用し、問題が解決するか確認します。問題なく作動するとわかっているコンポーネントを別のセットアップでテストするのが理想です。

ケーブルをテストする場合は、以下の方法が推奨されます。

  • 個々のケーブルを別々にテストします。

  • 短いケーブルを使用してテストを行います。

ビデオケーブル、ビデオソース、ビデオ出力機器、ノートパソコン用ドッキングステーションをテストする場合、以下の手順が推奨されます。

  1. Windows key + R」を押します。「devmgmt.msc」と入力し、「Enter」を押してデバイス マネージャを開きます。

  2. デバイス マネージャ」でUSBビデオアダプタが見当たらない場合、以下のFAQを参照します:https://www.startech.com/support/faqs/technical-support?topic=expansion-cards#usb-cannot-detect-windows.

  3. デバイスがエラー表示されている場合、ウェブサイトの指示に従ってドライバを再インストールしてください。

  4. ビデオカードのドライバが最新のものになっているか確認します。使用しているビデオカードは、「デバイス マネージャ」の「ディスプレイ アダプター」でチェックできます。ビデオカードメーカーのウェブサイトで直接最新のドライバを確認されることを推奨します。 

  5. Windowsでモニタが認識されているか確認します。

USB周辺機器とノートパソコン用ドッキングステーションのテストについて、さらに詳しい情報はこちらを参照してください:www.startech.com/faq/usb_hubs_general_troubleshooting.

イーサネットとノートパソコン用ドッキングステーションをテストする場合は、こちらのFAQを参照してください: http://www.startech.com/faq/network_adapters_general_troubleshooting.

サウンドとノートパソコン用ドッキングステーションをテストする場合は、こちらのFAQを参照してください: http://www.startech.com/faq/sound_cards_general_troubleshooting.