StarTech.com

DisplayPort®-HDMI®アクティブ変換アダプタ ディスプレイポート/ DP-HDMI®変換ケーブル 1920x1200 5.1ch音声出力対応

HDMI®モニタをDisplayPort®ビデオソースに接続

製品ID: DP2HDS

  • 最大解像度1920x1200対応
  • TVやApple Cinema Display HDを始めとするHDMI®ディスプレイに対応
  • ラッチ付きDisplayPortコネクタ
  • DisplayPort 1.1a規格に準拠
もっと見る
  • HDCP 1.3に対応
  • DP++(マルチモード)信号を出力できないビデオカードとの併用が可能
  • 5.1サラウンド サウンド オーディオ パススルー
¥4,834 JPY 税抜
¥5,220 JPY 税込
パートナー販売店で在庫あり
取扱代理店
サポート

概要

DisplayPort信号をHDMI®信号に変換し、オーディオパススルーに対応するアクティブ変換アダプタ。DisplayPort A/V出力ポートを搭載したデスクトップ/ノートパソコンをHDMI®対応モニタ、プロジェクター、ディスプレイに接続できるようになります。

パッシブアダプタと異なり、アクティブにシングルモードとデュアルモードのDisplayPort出力を変換するため、ATI™Eyefinityカード等、デュアルモード/マルチモード(DP++)信号を出力しないグラフィックカードに最適です。

StarTech.comでは2年間保証と無期限無料技術サポートを提供しています。

StarTech.comのメリット

  • DisplayPort®のアクティブ変換を行い、マルチモード(DP++)および シングルモードDisplayPort出力信号に対応

用途

DP++(マルチモード)信号を出力できないビデオカードにも対応

既存のHDMI®対応 モニタと新型DisplayPort®デバイスを併用

HDMI®モニタを外付けディスプレイとして使用

娯楽用デジタルAV機器セット、ホームオフィス、ビジネスカンファレンス、展示会ディスプレイなどに最適

技術仕様

保証に関する情報
保証期間 2 Years
ハードウェア
Active or Passive Adapter アクティブ
AV入力 DisplayPort
AV出力 HDMI
アダプタスタイル アダプタ
オーディオ あり
業界標準 HDCP
DisplayPort 1.1a
性能
オーディオ仕様 5.1サラウンドサウンド
ワイド画面サポート あり
最大デジタル解像度 1920x1200
コネクタ
コネクタA 1 - DisplayPort(20ピン) ラッチ付 オス
コネクタB 1 - HDMI(19ピン) メス
環境条件
保存温度 0°C to 70°C (32°F to 158°F)
動作温度 0°C to 60°C (32°F to 140°F)
湿度 40%~85%相対湿度
物理的特徴
ブラック
製品幅 1.8 in [45 mm]
製品重量 1.2 oz [35 g]
製品長さ 8.3 in [210 mm]
製品高さ 0.6 in [15 mm]
パッケージ情報
工場出荷時(パッケージ)重量 1.6 oz [45 g]
箱に含まれているもの
パッケージ内容 1 - DisplayPort® - HDMI®アクティブアダプタ

認証

関連製品

Mini DisplayPort®-DVIアクティブ変換アダプタ ミニディスプレイポート/ mini DP(オス)-DVI-D(メス) 1920x1200
¥5,328 税抜
¥5,754 税込

製品サポート

よくあるご質問(FAQ)

ご購入前に:

答え:いいえ。この記事にリンクされているいずれの製品も双方向性はありません。

インストール

答え:本製品はプラグ・アンド・プレイを採用しています。ドライバを使用せず、ソース(コンピュータなど)と接続先(モニタなど)を接続するだけで、その他のセットアップ作業を必要としていません。

トラブルシューティング

答え:

1.モニタのビデオポートが別のソースで正常に動作するかを確認してください。

2.ソースと接続先をつないでいるケーブルが別の機器で正常に動作するかを確認してください。ビデオアダプタが別の環境で正常に動作するかを確認してください。

3.これにより、問題がどこにあるかを特定することができます。

答え:範囲外とは、通常、コンピュータから出力されている解像度がモニタでサポートされていないことを意味しています。解像度を下げ、これで問題が解決されるかどうかを確かめてください。この確認作業のために、別のモニタと接続したり、コンピュータまたはソース機器を再起動する必要があるかもしれません。