USB-Cドッキングステーション トリプル4Kモニター対応(2x DisplayPort & 1x HDMI)/100W USB PD/1x USB-C & 4x USB-Aハブ USB 3.1 Gen 1対応Type-Cドック Windows & Mac対応

ノートパソコン用ドッキングステーション | Mac/ Windows®/ Chrome OS™に対応 | 2x 4K 60Hz DP + HDMI

製品ID: DK30CH2DEP

  • USB-Cノートパソコンに4Kモニタを接続。2x DisplayPort(DisplayLink)+ 1x HDMI(DP Altモード)
  • USB 3.0ポート5口にUSB機器を接続。1x USB-C + 4x USB-A(急速充電ポート1口を含む)
  • 100WのUSB Power Deliveryで高性能ノートパソコンの給電・充電に対応
価格
¥35,197 JPY 税抜
¥38,717 JPY 税込

トリプル4Kモニタ対応ドッキングステーション。USB-C搭載のMac/Windows/Chromeノートパソコンで、これまでにないレベルの効率性を実現します。3画面での4Kビデオ出力、100WのUSB Power Delivery、USB 3.0ポート5口に対応し、MacBook、Dell XPS、Chromebookその他、ポート数が不足しがちなノートパソコンに最適です。

このドックはまた、別売のUSB-C - Aケーブル( USB315AC1Mなど)を使用し、USB 3.0ノートパソコンに接続することもできます。USB-Aに接続する場合は、給電(USB Power Delivery)はサポートされず、接続ディスプレイの数は2台までとなります。

作業効率をアップ

以下のUHD解像度で4K対応の環境構成が可能です。

  • 2x 4K DisplayPort(DisplayLink)解像度: 4096 x 2160 @60Hz / 3840 x 2160 @60Hz
  • 1x 4K HDMI(DP Altモード)解像度:4096 x 2160 @24Hz / 3840 x 2160 @30Hz

高解像度が必要な用途では、DisplayPortポート2口を使用して5Kディスプレイ1台に接続することも可能です。

100Wの給電(USB Power Delivery)

このUSB-Cドックは、100WのUSB Power Deliveryをサポートし、電力消費が大きなノートパソコンにも対応します。150Wの電源アダプタを使用して1本のケーブルで周辺機器とノートパソコンに同時給電を行います。

パワフルな接続機能

USB 3.0ポート5口(USB Type-C x1 + 急速充電ポート x1を含むUSB Type-A x4)、ギガビットイーサネットポート、ヘッドセットジャック、3.5mmオーディオ&マイクポートを備えたトリプルモニタドックは、ノートパソコンでフル機能ワークステーションに引けをとらない作業環境を実現するソリューションです。

StarTech.com MAC Address Changer:接続デバイスの可視化

この製品には、エンタープライズネットワークのセキュリティ管理に役立つWindows®アプリケーションが付属しています。このドックのLANポートを介してネットワークに接続する場合、コンピュータのMACアドレスは通常ネットワークにブロードキャストされません。ネットワークがドックのMACアドレスしか認識しないからです。StarTech.comの「MAC Address Changer/クローニング」ソフトウエアを使用すると、ドック自体のMACアドレスではなく、接続するWindowsノートパソコンのMACアドレススプーフィングが使用されます。これにより、ネットワーク管理者がネットワーク上にあるすべてのデバイスを完全に認識できるため、アクティビティのモニタリングや制限ができるようになります。MAC Address Changerユーティリティをご希望の場合は、StarTech.comサポートにお電話またはメールでお問い合わせください。

StarTech.comでは、本製品に3年間保証と無期限無料技術サポートを提供しています。

用途

  • 4Kビデオ編集、高解像度グラフィック用途に最適
  • オフィスアプリケーションで複数の文書を同時に処理
  • 金融機関で複数モニタ画面を一度にチェック
  • 高出力Power Delivery(100W)で電力消費の大きなノートパソコンにも対応

製品番号

  • SYNNEX Japan ZU201TT
  • UPC 065030879996

互換性

  • Windows 10 logo
  • Windows 8 logo
  • Windows 7 logo
  • Chrome OS logo
  • macOS Big Sur (11.0) logo
Windows® 7/8/8.1/10
macOS 10.9 - 10.12, 10.14 - 10.15
Chrome OS™ v55+

認証

Warranty Information Warranty 3 Years
コネクタ 2 - コネクタタイプ DisplayPort [20ピン]
1 - コネクタタイプ HDMI [19ピン]
2 - コネクタタイプ USB Type-C(USB 3.0、5 Gbps)[24ピン]
1 - コネクタタイプ USB 3.0 A(急速充電)[9ピン]
3 - コネクタタイプ USB Type-A(USB 3.0、5 Gbps)[9ピン]
1 - コネクタタイプ RJ-45
3.5mmステレオミニ(4極)
2 - コネクタタイプ 3.5mmステレオミニ(3極)
1 - コネクタタイプ セキュリティスロット
ソフトウェア OS互換性 Windows® 7/8/8.1/10
macOS 10.9 - 10.12, 10.14 - 10.15
Chrome OS™ v55+
ハードウェア 4Kサポート あり
高速充電ポート あり
対応ディスプレイ数 3
バス型 USB-C
業界標準 USB給電仕様バージョン2.0
USB バッテリ充電仕様バージョン1.2
DisplayPort 1.2
IEEE 802.3、IEEE 802.3u、IEEE 802.3ab
USB 3.0 - USB 1.1/2.0とも下位互換性あり
チップセットID DisplayLink - DL-6950
Genesys Logic - GL3523
Genesys Logic - GL3523S
Texas Instruments - TPS65982
Parade Technologies - PS176
パッケージ情報 工場出荷時(パッケージ)重量 3.7 lb [1.7 kg]
Package Length 12.6 in [32.0 cm]
Package Width 6.3 in [16.0 cm]
Package Height 3.1 in [80.0 mm]
環境条件 動作温度 0°C to 40°C (32°F to 104°F)
保存温度 -20°C to 60°C (-4°F to 140°F)
湿度 0~70% RH
性能 最大データ転送速度 5 Gbps (USB 3.0) 2 Gbps (Ethernet、フルデュプレックス)
最大デジタル解像度 HDMI(DP Alt Mode)1台の場合 - 4096 x 2160p @24Hz / 3840 x 2160p @30Hz
DisplayPort(DisplayLink)2台の場合 - 4096 x 2160p @60Hz / 3840 x 2160p @60Hz

5K対応DisplayPort 1台の場合(DPビデオポート2口を使用) - 5120 x 2880 @60Hz

低解像度にも対応しています。例えば、最大解像度が 3840 x 2160p(4K)の場合、2560 x 1600p や 2560 x 1440p もサポートされます。
タイプおよび定格 USB 3.0(5 Gbps)
UASPサポート あり
互換性のあるネットワーク 10/100/1000 Mbps
オートMDIX あり
フルデュプレックスサポート あり
電源 電源 付属ACアダプタ
Power Delivery 100 W
入力電圧 100 - 240 VAC
入力電流 2.5 A
出力電圧 20V DC
出力電流 7.5 A
センターチップのポラリティ ポジティブ
プラグタイプ N
特記 / 必要条件 注意 すべてのUSB-CポートがUSB Type-C規格の機能に完全対応しているとは限りません。ノートパソコンのUSB-CポートがUSB PD 2.0とDP altモードに対応しているか確認してください。
システムおよびケーブル要件 USB Type-Cポートに空きがあるUSB-C対応コンピュータ
注意 3つのポートすべてで4K解像度に対応しています。4Kx2Kの解像度を得るには、4K対応のディスプレイが必要です。
USB 2.0ホストポートに接続またはUSB 2.0ホスト接続ケーブルを使用する場合、性能が制限される場合があります(USB 3.0ホストケーブルを同梱)
USB 3.0は、USB 3.1 Gen 1 と呼ばれることもあり、これは最大5Gbpsのスピードに対応する規格です。
5K解像度は、2つのDisplayPortビデオポートを5Kディスプレイ1台に接続することでサポートされます。5K(5120 x 2880解像度)解像度を実現するには、5K対応のディスプレイが必要です。
このドックは、ノートパソコンのUSB-Cポートに接続します。また、別売のUSB-C - A ケーブルを使用して、USB-Aポートに接続することも可能です。ただし、この構成では、デュアルディスプレイ対応となり、USB-Aを介したノートパソコンへの給電は行われません。
DisplayLink docking stations and video adapters support more than one external display on Apple's M1-based Mac. Requires driver installation. Please contact StarTech.com support for a recommendation based on your specific setup.
箱に含まれているもの 1 - パッケージ内容 ドッキング ステーション
USB-Cケーブル
ユニバーサルACアダプタ(日本/北米、オーストラリア/ニュージーランド)
取扱説明書
滑り止めゴムパッド
物理的特徴 ブラック & シルバー
エンクロージャタイプ プラスチック
製品長さ 10.6 in [27.0 cm]
製品幅 3.2 in [82.0 mm]
製品高さ 1.3 in [34.0 mm]
製品重量 13.5 oz [382.0 g]

別売アクセサリー

LTLOCK

ノートパソコン盗難防止セキュリティワイヤーロック 1.8m 4桁ダイヤル式ロック

便利なコンビネーションロックでノートパソコンの盗難を防止

価格
¥2,641 JPY 税抜
¥2,905 JPY 税込
USB31AC1M

USB-A - USB-C 変換ケーブル 1m

USB-A - USB-C™ ケーブル | USB-IF 認証 | USB 3.1 (10Gbps)対応

価格
¥1,888 JPY 税抜
¥2,077 JPY 税込
DP2HDMM2MB

DisplayPort - HDMI変換アダプタケーブル 2m 4K対応 ディスプレイポート(オス) - HDMI(オス)

お使いのパソコンを直接HDMIディスプレイに接続することにより、ケーブル周りがスッキリ

価格
¥3,330 JPY 税抜
¥3,663 JPY 税込
価格
¥2,175 JPY 税抜
¥2,393 JPY 税込
価格
¥2,016 JPY 税抜
¥2,218 JPY 税込
DP2DVI2MM3

DsiplayPort - DVI変換ケーブルアダプタ  91cm 1920x1200 ディスプレイポート(オス) - DVI - D(オス)

パソコンを短めのアダプタケーブルを使って直接モニターに接続し、ケーブル周りをスッキリ

価格
¥3,233 JPY 税抜
¥3,556 JPY 税込
DP2VGAA

DisplayPort - VGA変換アダプタ オーディオ対応

PCを3.5mmオーディオ出力とともにVGAディスプレイに接続

価格
¥3,532 JPY 税抜
¥3,885 JPY 税込
DP2VGAAMM2M

DisplayPort - VGA変換アダプタケーブル オーディオ対応 2m

オーディオとビデオをDisplayPort搭載PCからモニタに直接接続

価格
¥4,862 JPY 税抜
¥5,348 JPY 税込
DP2VGAAMM3M

DisplayPort - VGA変換アダプタケーブル オーディオ対応 3m

オーディオとビデオをDisplayPort搭載PCからモニタに直接接続

価格
¥4,709 JPY 税抜
¥5,180 JPY 税込
HD2VGAE2

HDMI - VGA変換ディスプレイアダプタ 1920x1080

HDMI®対応デスクトップ、Ultrabook 等のノートパソコンをVGAディスプレイ/プロジェクターに接続

価格
¥3,614 JPY 税抜
¥3,975 JPY 税込
HD2VGAA2

HDMI - VGA変換ディスプレイアダプタ オーディオ対応 1920x1080

HDMI®ビデオ信号およびオーディオ信号をVGAに変換

価格
¥4,021 JPY 税抜
¥4,423 JPY 税込

ドライバ&ダウンロード

ドライバ

Firmware

ユーザマニュアル

データシート

製品サポート

よくあるご質問(FAQ)

インストール

*指示があるまで(手順 6)USBノートパソコンドッキングステーションをコンピュータに接続しないでください。*

  1. StarTech.comのウェブサイト(http://www.startech.com/Support)から最新のドライバをダウンロードします。製品番号と製品IDは製品パッケージに記載されています。

    注意:Windowsでは、通常ユーザーアカウントと関連付けられたダウンロードフォルダにファイルが保存されます。(例:C:\Users\your_name\Downloads)
  2. ダウンロードが完了したら、ZIPフォルダのファイルを展開します。DisplayLink.zip またはDisplayLinkDock.zip を右クリックし、「すべて展開」を選択して画面の指示に従います。
  3. お使いのオペレーティングシステムに対応するフォルダを選択します。
  4. Setup.exe 」ファイルを右クリックします。
  5. 管理者として実行」を選択します。

    注意:管理者として実行」が表示されない場合は、zipファイルの中にあるインストーラを実行してみて下さい。上記の手順 2の指示に従い、ファイルを展開してください。
     
  6. 画面の指示に従いデバイスドライバとソフトウェアをインストールします。再起動の指示が出た時点、または、インストーラが消えた時点でコンピュータを再起動します。
  7. ディスプレイのビデオケーブルをドッキングステーションのビデオポートに接続します。
  8. Windowsの再起動完了後、コンピュータにドッキングステーションを接続します。
  9. コンピュータが自動的にドライバのインストールを完了します。

注意:インストールには数秒かかることがあります。インストール中はスクリーンにちらつきが見られることがありますが、これは普通の現象です。インストールが完了すると、Windowsデスクトップが追加モニタに拡張されて表示されます。

トラブルシューティング

ノートパソコン用ドッキングステーションのトラブルシューティングを行う際には、簡単なテストで可能性のある問題を消去法で排除することができます。テストの結果、以下のコンポーネントが正しく作動している場合、問題の原因ではないとわかります。

  • ビデオケーブル

  • ビデオソース

  • ビデオ出力機器

  • ノートパソコン用ドッキングステーション

  • USB周辺機器

  • イーサネット接続

セットアップのコンポーネントをテストするには、以下を試します。

  • ビデオケーブル、ビデオソース、ビデオ出力機器、ノートパソコン用ドッキングステーション、USB周辺機器、イーサネット接続を別のセットアップで使用し、コンポーネントの問題なのか、セットアップの問題なのかを見極めます。

  • 別のビデオケーブル、ビデオソース、ビデオ出力機器、ノートパソコン用ドッキングステーション、USB周辺機器、イーサネット接続を同じセットアップで使用し、問題が解決するか確認します。問題なく作動するとわかっているコンポーネントを別のセットアップでテストするのが理想です。

ケーブルをテストする場合は、以下の方法が推奨されます。

  • 個々のケーブルを別々にテストします。

  • 短いケーブルを使用してテストを行います。

ビデオケーブル、ビデオソース、ビデオ出力機器、ノートパソコン用ドッキングステーションをテストする場合、以下の手順が推奨されます。

  1. Windows key + R」を押します。「devmgmt.msc」と入力し、「Enter」を押してデバイス マネージャを開きます。

  2. デバイス マネージャ」でUSBビデオアダプタが見当たらない場合、以下のFAQを参照します:https://www.startech.com/support/faqs/technical-support?topic=expansion-cards#usb-cannot-detect-windows.

  3. デバイスがエラー表示されている場合、ウェブサイトの指示に従ってドライバを再インストールしてください。

  4. ビデオカードのドライバが最新のものになっているか確認します。使用しているビデオカードは、「デバイス マネージャ」の「ディスプレイ アダプター」でチェックできます。ビデオカードメーカーのウェブサイトで直接最新のドライバを確認されることを推奨します。 

  5. Windowsでモニタが認識されているか確認します。

USB周辺機器とノートパソコン用ドッキングステーションのテストについて、さらに詳しい情報はこちらを参照してください:www.startech.com/faq/usb_hubs_general_troubleshooting.

イーサネットとノートパソコン用ドッキングステーションをテストする場合は、こちらのFAQを参照してください: http://www.startech.com/faq/network_adapters_general_troubleshooting.

サウンドとノートパソコン用ドッキングステーションをテストする場合は、こちらのFAQを参照してください: http://www.startech.com/faq/sound_cards_general_troubleshooting.

ソフトウエアアプリケーションでハードウエアアクセラレーションが有効になっている場合、リソース管理が劣化しビデオデバイスの性能に影響することがあります。この問題が発生した場合、影響が発生したプログラムのハードウエアアクセラレーションを無効にしてください。

一般的なアプリケーションおよびオペレーティングシステムでハードウエアアクセラレーションを無効にするには、ご使用中のソフトウエア/オペレーティングシステムに基づき、以下の手順に従ってください。

Internet Explorer 9以降

注意:これより以前のバージョンのInternet Explorerでは、ハードウエアアクセラレーションを使用していません。

  1. スタート」ボタンをクリックします。
  2. コントロール パネル」を開きます。
  3. ネットワークとインターネット」をクリックします。
  4. インターネット オプション」をクリックします。
  5. 詳細設定」タブをクリックします。
  6. アクセラレータによるグラフィック」項目を確認します。
  7. GPUレンダリングでなく、ソフトウエアレンダリングを使用する」チェックボックスを選択します。
  8. 適用」をクリックします。
  9. コンピュータを再起動します。

Mozilla Firefox

  1. Firefoxを開きます。
  2. Alt 」キーを押します。
  3. ツール」と「オプション」をクリックします。 
  4. 詳細」アイコンをクリックします。
  5. 一般」タブをクリックします。
  6. ブラウズ」以下にある「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する(可能な場合)」のチェックを外します。
  7. OK」ボタンをクリックします。
  8. ウェブブラウザを再起動します。

Google Chrome

  1. Google Chromeを開きます。
  2. オプション」アイコン(横に3本の線が並んだアイコン)をクリックします。
  3. 設定」をクリックします。
  4. 高度な設定」をクリックします。
  5. 画面下部までスクロールし、「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のチェックを外します。
  6. ブラウザを再起動します。

Microsoft Office 2010 および Microsoft Office 2013

  1. Microsoft Officeのプログラムを開きます。(例:Microsoft Word)
  2. ファイル」タブをクリックします。
  3. 画面左のメニューで「オプション」をクリックします。
  4. 詳細設定」をクリックします。
  5. 表示」以下で、「ハードウェア グラフィック アクセラレーションを無効にする」をチェックします。
  6. 開いていたMicrosoft Officeプログラムをすべて閉じて再起動します。

Windows 8 および Windows 10

Windows Vista および Windows 7

Windows XP

    1. Windowsキー + X」を押します。
    2. コントロール パネル」をクリックします。
    3. 個人設定をクリックします。
    4. ハイコントラストテーマを選択します。
    1. スタート」ボタンをクリックします。
    2. コントロール パネル」をクリックします。
    3. 個人設定」をクリックします。
    4. Aero以外のテーマを選択します。ベーシックなハイコントラストテーマが推奨されます。
    1. スタート」ボタンをクリックします。
    2. コントロール パネル」を開きます。
    3. ディスプレイ」を選択します。
    4. 設定」をクリックします。
    5. 詳細設定」をクリックします。
    6. トラブルシューティング」をクリックします。
    7. ハードウェア アクセラレーション」スライダを「なし」まで動かします。
    8. コンピュータを再起動します。

Compliance and safety

Compliance letters

Safety Measures

  • If product has an exposed circuit board, do not touch the product under power.
  • If Class 1 Laser Product. Laser radiation is present when the system is open.
  • Wiring terminations should not be made with the product and/or electric lines under power.
  • Product installation and/or mounting should be completed by a certified professional as per the local safety and building code guidelines.
  • Cables (including power and charging cables) should be placed and routed to avoid creating electric, tripping or safety hazards.
* 製品の外観や仕様は予告なく変更する場合があります。
トップに戻る
待つ...