StarTech.com

USB2.0接続HDMIビデオキャプチャーユニット 外付けコンパクト・キャプチャーデバイス 1080p

コンパクトな外付けキャプチャデバイスを使用してHDMIビデオソースをPCにキャプチャ

製品ID: USB2HDCAPM

  • 30フレーム/秒対応、シームレスな画質の1080pビデオキャプチャ
  • USB給電、小型軽量設計で携帯性に優れたキャプチャ デバイス
  • H.264でエンコーディングを行うソフトウエアで、幅広くサポートされるビデオファイルを出力
もっと見る
  • 2チャネル ステレオ オーディオ対応
  • NTSCおよびPALシステムに対応
  • 16:9 および 4:3 のアスペクト比に対応
¥20,903 JPY 税抜
¥22,575 JPY 税込
在庫無し
在庫につきましては各販売店にお問い合わせください
取扱代理店
パートナーから購入

もっと多くの類似製品をお探しの方は弊社のインターナショナルオンラインストアに今すぐアクセスして下さい!

サポート

概要

USB 2.0対応ビデオキャプチャデバイス。高画質な1080p HDビデオとステレオ オーディオをコンピュータに記録します。H.264エンコーディングに対応しており、編集、コンパイル、アーカイブ作成用のHD動画キャプチャに最適なソリューションです。

USB電源を使用し、小型軽量設計のキャプチャデバイスは、携帯性にも優れています。

携帯に便利なコンパクトなデザイン

ノートパソコン用バッグやポケットにも軽く収まる本製品は、優れた携帯性を発揮します。外付け電源が不要なため、会議や講義の録画など、外出先での利用に最適です。外付けのキャプチャデバイスはまた、一般エンターテイメント用途にも適しています。

さまざまな用途でのHDMIビデオキャプチャ

トレーニングビデオや電話会議用ビデオの作成用に、HDMI対応コンピュータからのビデオキャプチャを行う場合、30フレーム/秒で1080pの動画をサポートするUSB対応の本キャプチャデバイスが最適なソリューションを提供します。

デスクトップPCやノートパソコンの置かれた場所から離れた場所に設置されたセキュリティカメラ、POS端末、ビジネスアプリケーションなどのHDMI対応デバイスからHD動画を記録することでビデオキャプチャを行うことができます。

手間いらずのH.264エンコード機能を内蔵

このキャプチャデバイスは、世界で最も広く使用されているビデオコーデック、H.264でビデオのエンコーディングを行います。あらゆるデバイス プラットフォームと互換性があるため、ビデオキャプチャを使えるフォーマットにするための編集や変換といった作業が発生しません。 H.264はまた、Adobe Premiere® 、Windows Media® Encoderなどの人気ソフトウエアでサポートされています。

付属のソフトウエアは、ビデオのキャプチャとエクスポートだけでなく、スクリーンショットのキャプチャや録画のスケジューリングにも対応し、さらに、Twitchなどオンラインサービスを使用し、ビデオソースをインターネットで即座にストリーミングすることも可能です。

注意: 

  • このビデオキャプチャ デバイスは、電子暗号化されたコンテンツを記録しません。
  • 本デバイスが1080p解像度でキャプチャできる最大リフレッシュレートは、30 Hzとなります。より高いリフレッシュレートの1080p ビデオソース(60 Hz や 50 Hzなど)が使用された場合、エクスポートしたビデオのリフレッシュレートは小さくなります。

StarTech.comでは、本製品に2年間保証と無期限無料技術サポートを提供しています。

用途

トレーニングやチュートリアル用にビデオを録画

Twitchなどのストリーミングサービスでライブビデオ映像をオンライン配信

ST122HDMILE HDMIスプリッタと一緒にお使いいただくことで、別ディスプレイでゲームをプレーしながら、毎秒60フレームでHDビデオゲームプレーをキャプチャ

プロ仕様のビデオアーカイブアプリケーションで、アナログビデオをデジタルビデオに変換

技術仕様

保証に関する情報
保証期間 2 Years
ハードウェア
オーディオ あり
コンバータタイプ フォーマットコンバータ
チップセットID Mstar - MST3367CMK-LF-170
業界標準 NTSC、PAL-M、PAL-60、PAL
ビデオエンコード:MPEG4/H.264
性能
オーディオ仕様 2チャンネルHDMIオーディオ
対応解像度 1080i/p, 720p, 576i/p, 480i/p
最大デジタル解像度 1080p/30/50/60
Video Output at 1080p/30
コネクタ
コネクタA 1 - HDMI(19ピン) メス Input
コネクタB 1 - USB Mini-B(5ピン) メス Output
ソフトウェア
OS互換性 Windows® 10 (32/64), 8 / 8.1 (32/64bit), 7 (32/64bit), Vista(32/64), XP (32/64)
電源
電源 USB電源
物理的特徴
製品幅 1.1 in [27 mm]
製品重量 0.7 oz [20 g]
製品長さ 2.6 in [65 mm]
製品高さ 0.6 in [14 mm]
パッケージ情報
工場出荷時(パッケージ)重量 0.3 lb [0.2 kg]
箱に含まれているもの
パッケージ内容 1 - USB 2.0 HDMI ビデオキャプチャ デバイス
1 - USBケーブル
1 - クイックインストールガイド

互換性

OSとのフル互換性を表示する
Windows® 10 (32/64), 8 / 8.1 (32/64bit), 7 (32/64bit), Vista(32/64), XP (32/64)

認証

別売アクセサリー

製品サポート

ドライバ&ダウンロード

よくあるご質問(FAQ)

ご購入前に:

ビデオキャプチャカード/ケーブルで使用されるビデオ規格のコネクタすべてを接続できても、ビデオの適切なキャプチャができない場合があります。

著作権保護について

一部のビデオソースでは、非ディスプレイ機器に接続された場合、著作権保護が作動します。著作権保護コンテンツには、以下のようなものがあります。

  • HDコンテンツ保護(HDCP)。このタイプの著作権保護は、DVIおよびHDMI® に含まれており、ビデオエラーまたは空白画面として現れます。画面にHDCPと表示される場合もあります。

  • アナログコンテンツ保護(ACP)。このタイプの著作権保護は、アナログビデオ(例:コンポジット、Sビデオ、コンポーネント)に含まれています。ACPは輝度が不安定な画面として現れることがあります。

著作権保護は、法律上回避することはできません。StarTech.comでは、著作権保護を回避する製品は提供していません。

ビデオアダプタの使用

ビデオ信号を別のコネクタタイプにパッシブ変換することは可能ですが、ビデオソースとビデオ出力の規格が常に一致するとは限りません。ビデオのタイプを正しく変換するには、アクティブ変換が必要になることがあります。パッシブ変換が利用できない場合、大部分のビデオ規格はアクティブコンバータで変換することができます。

互換性のないパッシブ変換として、以下のものが挙げられます。

  • VGAソースからコンポジットまたはコンポーネント(RCA)ビデオ。または、コンポジットまたはコンポーネント(RCA)からVGA。
  • コンポジット(RCA)ソースからSビデオ。
  • VGAからDVI-D および DVI-DからVGA。

注意:Sビデオからコンポジットは、パッシブ変換が可能です。 DVI-I/DVI-AおよびVGAは、双方向で使用可能です。

出力解像度について

ビデオソースで解像度を変換できる場合(例:コンピュータ)、互換性のない解像度を伝送している可能性があります。正しい解像度が使用されているか調べるには、www.StarTech.comで製品の技術仕様タブで業界規格および最大解像度の仕様を確認してください。

オペレーティングシステムのディスプレイ管理で、キャプチャカードの最大解像度とビデオソースが一致(または下回る)するように調整することができます。リフレッシュレートについても同様の操作が可能な場合があります。

高帯域幅デジタルコンテンツ保護(HDCP)により、一部ゲームコンソールからの録画には対応していません。HDCPコンテンツ(例:映画)は保護されていますが、コンソールそのものは、HDMI出力での永久的なHDCP保護に対応している場合としていない場合があります。

各コンソールのHDCP強制の詳細については、以下の表を参照してください。

コンソール 永久HDCP

PlayStation 3

あり
PlayStation 4

オプション。メニューで設定を変更できます。

Wii U

なし

XBox 360

なし
XBox One なし

永久HDCPが無効のコンソールではビデオキャプチャカードを使用することができます。

一部のStarTech.com製ビデオキャプチャカードは、DirectShow互換となっており、多くのDirectShow互換サードパーティ製ビデオキャプチャアプリケーションを使用することができます。DirectShow互換ビデオキャプチャカードの詳細は、以下のFAQを参照してください:https://www.startech.com/faq/video-capture-cards-directshow

このキャプチャカードでサードパーティ製ソフトウエアが使える場合でも、StarTech.comでは、サードパーティアプリケーションの正式なサポートと推奨は行っていません。

このビデオキャプチャカードは、一度に複数の入力の録画には対応していません。

注意:USB2HDCAPSはネットワーク上の複数のコンピュータに接続できますが、ビデオキャプチャができるのは1度に1台のデバイスのみとなっています。

 

方法

  1. ウェブブラウザで https://www.youtube.com/live_dashboardをオープンします。
  2. エンコーダ設定」で、ページ下部の「サーバーURL」をコピーします。
  3. URLの末尾に、スラッシュ記号とストリーム名、またはキーを追加します。(例:rtmp://a.rtmp.youtube.com/live2/USERACCOUNT-8033.d1fj-m8d7-ds8y-41qj)
  4. RTMPリンクをコピーします(以下のステップ8で必要になります)。
  5. Stream Catcher」を開きます。
  6. Settings Streaming Settings」をクリックします。
  7. Streaming Protocol Type」ドロップダウンメニューからRTMPをクリックします。
  8. Streaming Public URL 」フィールドに、上記ステップ4でコピーしたリンクをペーストします。
  9. Stream Catcher」ホームページで、ブルーの「record」アイコンをクリックします。

トラブルシューティング

ビデオキャプチャデバイスのトラブルシューティングを行う際には、簡単なテストで可能性のある問題を消去法で排除することができます。テストの結果、以下のコンポーネントが正しく作動している場合、問題の原因ではないとわかります。

  • ビデオケーブル

  • ビデオソース

  • ビデオキャプチャデバイス

セットアップのコンポーネントをテストするには、以下を試します。

  • ビデオケーブル、ソース、キャプチャデバイスを別のセットアップで使用し、コンポーネントの問題なのか、セットアップの問題なのかを見極めます。

  • 別のビデオケーブル、ソース、キャプチャデバイスを同じセットアップで使用し、問題が解決するか確認します。問題なく作動するとわかっているコンポーネントを別のセットアップでテストするのが理想です。

ケーブルをテストする場合は、以下の方法が推奨されます。

  • 個々のケーブルを別々にテストします。

  • 短いケーブルを使用してテストを行います。

ビデオキャプチャデバイスでビデオケーブルとソースをテストする場合、以下の点を確認してください。

  • 同じビデオソースがほかのビデオ出力先で動作するか確認します。詳細については、http://www.startech.com/faq/video_capture_cards_source_compatibilityを参照してください。

  • アダプタやエクステンダの使用は最小限にとどめます。

  • ビデオソースの著作権が保護されていないか確認します(例:HDCP)。

  • ビデオ規格(例:NTSC、PAL、HDMIなど)がビデオキャプチャデバイスの技術仕様に一致しているか確認します。

以下の手順に従い、Windows®でビデオキャプチャデバイスが認識されているか確認します。

  1. Windows キー + R」を押して、devmgmt.mscと入力します。「Enter 」を押してデバイス マネージャーを開きます。デバイスが「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」にリストされているか確認します。

  2. 以下のいずれかを実行します。

コンピュータでビデオキャプチャデバイスをテストする場合、アダプタに対応するドライバとキャプチャソフトウエアがシステムにインストールされているか確認してください。一部のカードではサードパーティソフトウエアに対応していますが、サポートは限られています。詳細については、http://www.startech.com/faq/video_capture_cards_source_compatibilityを参照してください。

注意: The USB3HDCAPを使用するには、互換性のあるUSB 3.0カードが必要です。

StreamCatcherのトラブルシューティングを行う前に、以下のFAQを参照してビデオキャプチャデバイスのトラブルシューティングを行ってください: www.startech.com/faq/video_capture_cards_general_troubleshooting

ビデオのディスプレイまたは録画ができない場合は、「Device Settings」で以下の手順に従ってください。

  • 録画または表示したい入力が「Video Source」で選択されているか確認します。

  • お住まいの地域で採用されているビデオ規格であるか確認します(例:北米の場合、NTSC、欧州の場合、PALなど)

  • 音声が動作しない場合は、「Audio Source」で正しい音声ソースが選択されているか確認します。

録画された動画の画質が悪い場合、Record Settingsで以下の設定をご使用のセットアップに合わせて変更してください。

  • Record Resolution(録画解像度)

    • High(高)
    • Low(低)
  • Record Mode(録画モード)

    • VBR (Variable Bit Rate) は、ビデオの複雑度に基づきビットレートを調整し、容量を取らないようにします。
    • CBR (Constant Bit Rate)は、ビデオの複雑度に関わらず同じビットレートを保持し、最善の質で録画します。
  • Record Quality(録画品質)

    • VBR品質レベルは、1から10の範囲で増大します(10が最高レベルの品質)。
    • CBR品質レベルは、2 Mbpsから16 Mbpsの範囲となり、16 Mbpsが最高レベルの品質です。

ストリーミングで問題がある場合は、以下を試してください。

  • ターゲットIPが正しいか確認します。

  • 正しいプロトコルが選択されているか確認します。

  • より低い解像度、低いビットレートをテストし、最善の性能が得られるか確認します。