StarTech.com

10m DVI-Dデュアルリンクケーブル オス/オス

DVIデジタル機器間で明瞭なハイスピード接続を行う長めの10mケーブル

製品ID: DVIDDMM10M

  • 最大解像度2560x1600に対応
  • 最大毎秒9.9Gbitの高速デジタル転送
  • 電波障害を排除するフェライトコア
  • アルミニウムマイラー箔と編組シールド
もっと見る
  • DVIディスプレイデバイスのホットプラグに対応
  • DVI DDWG規格に準拠
¥7,804 JPY 税抜
¥8,428 JPY 税込
サポート

概要

10m DVI-D デュアルリンクケーブル。2つのDVIオスコネクタ(25ピン)がついており、デスクトップまたはノートパソコンとDVI-Dモニタやプロジェクタ間の接続距離が長い場合に便利なケーブルです。

この10m DVI-Dデジタルモニタケーブルは、最大2560x1600の解像度と毎秒9.9Gbitの転送レートに対応しています。また、DVI DDWG規格に完全準拠しています。

この高品質デジタルビデオケーブルは、優れた耐久性を提供するよう設計・製造されており、全使用期間保証がついています。

StarTech.comのメリット

  • DVI-Dデバイス間の接続距離が長い場合に便利な10mケーブル
  • 応力緩和機能を備えたモールドコネクタで耐久性に優れた接続を維持。コネクタの損傷を防ぎ、長期間にわたりエラーのないDVI動画再生を実現
  • 保証付きの信頼性

用途

デスクトップ/ ノートパソコンをDVI-Dデュアルリンクディスプレイまたはプロジェクターに接続

技術仕様

保証に関する情報
保証期間 Lifetime
ハードウェア
ケーブル遮蔽タイプ 2重シールド(編組+アルミ箔)
コネクタメッキ ニッケル
ジャケットケーブル型 PVC -ポリ塩化ビニル
ファイア定格 CMG定格(汎用)
フェライト数 2
業界標準 DVI DDWG Standard
コネクタ
コネクタA 1 - DVI-D(25ピン) オス
コネクタB 1 - DVI-D(25ピン) オス
物理的特徴
ケーブルOD 0.3 in [8.6 mm]
ケーブル長さ 32.8 ft [10 m]
コネクタタイプ ストレート
ワイヤゲージ 28 AWG
ブラック
製品重量 32.5 oz [920 g]
製品長さ 32.8 ft [10 m]
パッケージ情報
パッケージ数量 1
工場出荷時(パッケージ)重量 33.2 oz [940 g]
箱に含まれているもの
パッケージ内容 1 - 10m DVI-Iデュアルリンク デジタルビデオモニタケーブル オス/オス

認証

関連製品

Dual Link DVI-D Cable - M/M
DVIDDMM2M
2m DVI-Dデュアルリンクケーブル DVI-D オス-DVI-D オス 2560x1600 ブラック

DVIデジタルデバイスへの高速かつ鮮明なデータ転送

¥1,510 税抜
¥1,630 税込
Dual Link DVI-D Cable - M/M
DVIDDMM3M
3m DVI-Dデュアルリンクケーブル DVI-D オス-DVI-D オス 2560x1600 ブラック

DVIデジタルデバイスへの高速かつ鮮明なデータ転送

¥2,027 税抜
¥2,189 税込

別売アクセサリー

製品サポート

よくあるご質問(FAQ)

ご購入前に:

DVI(デジタルビジュアルインターフェイス)は、用途に基づき異なる信号タイプを使用できるビデオディスプレイインターフェイスです。DVI ケーブルとポートは、想定される用途がわかるように、異なるタイプのコネクタを使用して製造されます。コネクタのタイプは、DVIコネクタのピン数で識別されます。DVIコネクタタイプには、以下の種類があります。

シングルおよびデュアルリンクDVIは、ビデオソースまたはビデオ出力先の最大解像度と関連します。最大の解像度は、シングルリンク(1920 x 1080 @ 60Hz)とデュアルリンク(2560 x 1600 @ 60Hz)となります。

注意:ビデオソースおよびビデオ出力先の最大解像度は、最終的にはデバイスの仕様によって決まります。コネクタのタイプは、確実な最大解像度を意味するものではありません。

DVI-Aは、デジタルコンポーネントのない、アナログのみの信号に対応します(例:VGA)。DVI-D は、アナログコンポーネントのない、デジタルビデオ信号のみ対応します(例:HDMI)。 DVI-Iは、DVI-AおよびDVI-D接続を結合し、アナログとデジタルの両方に対応します。ビデオソース側またはディスプレイ側にDVI-Iポートがついていても、ディスプレイでアナログとデジタルの両方に対応できるかどうかは、デバイスの技術仕様によって決まります。